左遷社員池田 リーダーになる〜昨日の会社、今日の仕事、明日の自分〜
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

左遷社員池田 リーダーになる〜昨日の会社、今日の仕事、明日の自分〜

¥1,430 税込

送料についてはこちら

ビジネス界が大絶賛! ストーリーを通して「会社とリーダーの成長」を体感できる痛快な仕事ドラマ! 小説でありながら、「リーダー論」や「経営論」を学べるビジネス書としての工夫が随所に散りばめられています。 「会社とは、誰のために、何のためにあるのか?」 【ストーリー】 ドレッシング製造を手がけるフリージアは、アットホームな中堅企業。 しかしカリスマ創業社長が急死すると社内は一変。元銀行員の娘婿が新社長に就任し、 元敏腕経営コンサルタントを右腕に起用。しかし改革断行も虚しく、業績はジリ貧に。 そんな会社の危機に、ある男が立ち上がる。それは前社長と二人三脚で会社を築き上げた 「伝説のナンバー2」、近藤だった。近藤はまず、左遷され落ち込んでいた中堅社員・池田に 目をつける。こうして池田の「リーダー修行」が始まった……。 【目次】 ◆プロローグ ◆第一章 池田、左遷される ~理不尽な扱いを受けてもやる気を失わないために ◆第二章 池田、立志する ~思うように評価されないときの対処法 ◆第三章 池田、経営を考える ~誰のために、何のために会社はあるのか ◆第四章 池田、組織を知る ~会社の成長を加速させるために何が必要か ◆第五章 池田、企画を学ぶ ~アイディアとイノベーションを生み出す環境とは ◆第六章 池田、人を理解する ~多くの人を動かす「巻き込み力」を身に付ける ◆第七章 池田、プロジェクトを推進する ~仕事を動かすリーダーの思考と行動 ◆第八章 池田、リーダーになる ~予測していなかった危機的状況ですべきこと ◆エピローグ 左遷社員池田 リーダーになる 〜昨日の会社、今日の仕事、明日の自分〜 著者:鈴木 孝博 四六判(130 × 188)240ページ 定価(本体1300円+税) ISBN978-4-86338-152-0